生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜

生命保険を賢く見直そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生命保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。1番目はもちろん住宅です。生命保険をもし毎月2万円払っていたとすると、年間48万円、20年払い続ければ960万円です。確かに相当な金額です。

同じ高い買い物でも、住宅と生命保険は大きく違います。住宅は購入したときから形がありますが、生命保険は「万一の備え」という形にならないものに対してたくさんのお金を支払っています。だからつい、「月々の保険料は高いなあ。見直して安くできないものだろうか?」と思ってしまいます。

生命保険の重要性と必要性

しかし、もしも「万一の場合」がきたら、どうでしょうか。被保険者が死亡したら、生命保険から多額の保険金が支払われ、万一のときにも安心を手に入れることができます。そうなったら、「高い買い物」が一転、「安い買い物」になります。

だからといって、最初から『「安い買い物」をして、得をしたい』と思って生命保険に入る人はいません。「起きて欲しくないことだけれども備えておく」というのが生命保険の機能です。生命保険が「高い買い物」に感じられるということは、毎日元気でいられることの結果であり、保険というのは基本的にそういう性質のものなのです。

「生命保険見直し」のチェックポイント

最近「生命保険の見直しが必要です!」という報道や宣伝が多いですが、押さえておくべきことは、『昔の保険は損、新しい保険に見直すと「得」』 というわけではない。ということです。

「生命保険の見直し」とは、「自分にとって必要な保障の内容と金額をを適正な保険料でカバーする」という基本の機能がちゃんと果たせているかどうかを見直すことです。

生命保険契約は、たとえば1000万円の買い物を20年かけて支払う契約です。契約した時点で契約者は25歳、それとも30歳でしょうか?そこから5年、、10年経ったら、生活には大きな変化があって何の不思議もありません。

結婚、子ども、仕事、住まい・・・人生のなかのたくさんのイベントを経て、生命保険に求める役割も当然変化しています。また、サービスを提供する生命保険会社や保険商品の状況も、この10年で激変しています。正しい知識を得て、タイミングよく、賢く「生命保険の見直し」を成功させましょう。

Copyright (C)2017生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜.All rights reserved.

↑pagetop